研究テーマ

現代社会においては、情報通信システムが存在しない生活は考えることができないでしょう。情報通信システムを実現しているのは最先端の組込みシステムです。本講座では、生活に「安心、安全、快適さ」をもたらす最先端組込みシステムのシステムアーキテクチャ、構成法、設計手法についての研究を行っています。組込みシステムを設計するためには、システム・アーキテクチャ、組込みソフトウェア、組込みソフトウェア開発環境生成技術等が重要な役目を果たします。

研究の進め方

情報系の研究は、「サイエンス」と「エンジニアリング」が共存しています。
まずサイエンスの分野として、研究対象の分析・モデル化・アルゴリズム開発を行います。次にそれらの結果を用いて、エンジニアリングの分野である、プロトタイプの作成・評価実験を行います。最終的には、論文を投稿したり特許をとることで、自分の研究を世に出すことができます。学生の研究なども同じように進められていきます。

howto