環境モニタリングや、ヘルスケア、流通追跡、災害の障害報告などにむけたセンサネットが広く開発されています。本研究ではmm³クラスの超小型センサノードを開発し、これまでセンサネットワークが対象としていなかった領域へのmm³級コンピューティングの新規展開をはかっています。
特に、これまでセンシングできなかった物体の形状認識や新しいコンピュータとのインタラクションを実現すべく、研究を行っています。エネルギー、通信方式、測位方式、回路技術のすべてで革新が必要となるチャレンジングなテーマです。